2008年02月22日

分岐点2

おこんばんはでごじゃる。

昨日、今日とふ〜んと思わせる面白い展開でごじゃるな。

昨日は更新の下書きは書いたのですじゃが、更新しましぇんでした。

今日は、ももしゃんのお便りコメント書いておったら長くなったので、本文として掲載しますです。


♪ももしゃん

お久しぶりでごじゃる。
了解しましたです。

少しだけ説明しますが、伝わるかどうか自信はありましぇん。

しかしながら、「分岐点が何時なのか、どんな取捨選択がなされるのか」というのはある意味とても難しい質問でごじゃる。

日常生活と同様に人それぞれで異なるものじゃし、複数のカテゴリーの複数のファクターを経験則や感覚的にその時々に違ったウェイト(重み付け)で判断するものだからですじゃ。


前回「分岐点」の本文で説明した通り、その判断方法と同じように分岐点自体も複数のパターンがありますです。

「分岐点」がじじぃの予想上でその後の方向性を決定づける点もしくは期間である事はご理解いただけるでごじゃろう?

分岐点における方向(「上か横か下か」)の確率(?)はその時々で異なりますです。

したがって、前後関係を無視した一番シンプルな「分岐点」の分類は・・・
(厳密にはその前後関係との兼ね合いでもっとたくさんの種類がありまするが・・・)

・上に向かいそうな「分岐点」
・横ばいになりそうな「分岐点」
・下に向かいそうな「分岐点」
・上下(横)どちらに向かってもおかしくない「分岐点」

いくつかの分岐点(厳密には分岐点の連続)を通過して、「あみだくじ」のように相場の行方が決まって行くという事ですの。


じじぃが「分岐点」について書く時は、じじぃにとって重要と思われる時に時間があればそれを記しておるだけでごじゃる。
(もちろん、「分岐点」が近づいておっても更新できなかったり、書いても更新しない事も多々ごじゃりまするが・・・ちなみに昨日も書いたのですじゃが、何となく更新はやめましたです。)


ももしゃんは「分岐点」を探したり、予想するための方法論を知りたいのかもしれましぇんが、それを書くのは本を書くごとく至難の業でごじゃるので、じじぃが何かの間違いで暇になるかセミリタイアしたらトライしてみますです。


まずは相場を出来ればリアルによく眺めてみてくだされ。
リアルが無理なら直近の結果やニュース等をみてみてくだされ。
(専門家の予想はあまり聞かない方がよろしいでしょう)

そして当たるかどうかは別として自分なりの予想してみてくだされ。

次は自分の求めるスタイル、視点(重視するファクター)を徐々に突き詰めていってみてくだされ。

(それから、じじぃが「分岐点」らしき事を書いたら、気が向いた時は少しだけ頭においてみてくだされ)


ももしゃんは以前たまにブログで相場を予想しておったから、こんな事を言わなくとも大丈夫ですの。(^.^)


それから、バレンタインのキラキラ星、ありがとしゃんです。

デスノート(夜神月の救世主キラ)にちなんでの選曲ですかの?

それとも、のだめでごじゃるか?

おかげさまで体調はまずまずでごじゃるよ。

ももしゃんも体調に気をつけて、元気にお仕事してくだされよ。

劇場でL(エル)に会える時間が出来ればよろしいですの。

posted by 黄金仙人 at 00:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おこんばんは。
早速お返事下さり、ありがとうございます。

<分岐点>に関わる(と思われる?)質問です。
じじさまは時々『アホっぽい動き』とか、『中身のない動き』とか『日本は進歩がない』とか言われますが、こういう時の値動きというのは、

たとえば、
・アメリカの写真相場で、独自性がない。
・大事な経済指標が出たにも関わらず、売りしかけや、買い仕掛けによって当然動くべき方向に動かない。
・きちんとした調整や、整理が着かないまま中途半端に回復。
・過剰な楽観や悲観によるオーバーシュート。

・・・などなどのことでしょうか?
大事な分岐点のはずなのに、それをキチンと受け止めた反応を示さない相場のことでしょうか?

アホなももしゃんは、数日が経過してしまうとその日の値動きががどんな感じだったか判らなくなってしまいます。

大事な指標や値動き自分の予想など、書き記しておくのが良いかもしれませんね。
さっそくやってみますね。


☆キラキラ星は、も〜〜〜〜ちろん!のだめちゃんにちなんで、でしゅ☆☆(キラ、というのは、
考えてもいませんでしたが、不思議な一致でした。)
パリで、ズタズタぼろぼろになったのだめちゃんが再生してゆくきっかけになった曲。
モーツアルトのコスプレもほんとうにかわいくて、よくぞキラキラ星!と思いました。

“キラキラ星変奏曲”というのは、日本名のようですが(??)、のだめちゃんのドラマに為に作られたのではないかと思えるほど、ぴったりの曲でしたよね。

そして、L(エル)がLであるように、のだめちゃんがのだめちゃんであるように、ミンチョル(うちゅくしき日々のビョンホン君の役名)は、ミンチョルなのでありました。








Posted by ももしゃん at 2008年02月22日 02:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85521468

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。