2008年02月28日

木曜日と相場気質

おこんにちはですじゃ。

今週の相場は節目をとりあえずクリアしましたじゃが、皆しゃんはどのような感触を持たれましたじゃろうか?

さて、今日は木曜日でごじゃるが、今夜放送の深夜アニメ「墓場鬼太郎」はそこそこ人気があるようじゃが、ドラマ「鹿男あをによし」はイマヒトツのようでごじゃる。

どちらもどうしても観るべき番組ではないにしろ、「鹿男あをによし」はまずまず面白いのではないかと思いまする。
展開のスピードやリズムはイマヒトツですじゃが、綾瀬はるかしゃん独特のゆるい雰囲気は以前出演した「ホタルノヒカリ」同様まずまずでごじゃる。


♪ももしゃん

ももしゃんは飛ばされましたかの。
スリムなももしゃんはじじぃよりはるかに危険なのですじゃ。
しかもバイクは横風に弱いので、橋の上とか特に気をつけてくだされよ。

アメリカンは陽気で強気なイメージがごじゃりまするが、その反面状況によってはかなり心配性で弱気の部分も持っておるとじじぃは思いまする。

要はまさしくブルベアの両極端を持ち合わせておるという事ですの。
NY市場はもちろんアメリカン以外も参加しておるわけですじゃが、どちらかというとじじぃの思い描くアメリカンカラーが濃厚に反映されているような気がしますです。

その点、市場の資金や勢力分布等、外部要因は異なりまするが、気質的には日本や中国、インドあたりの方が本質的には相場安定に適した気質のような気がしますです。

もちろん、確固たる根拠のない個人的な主観でごじゃるが・・・
posted by 黄金仙人 at 11:51| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

強風の春一番

おこんにちはですじゃ。

昨日から、本当にスゴイ風でごじゃりまする。
交通機関もいろいろな影響を受け、じじぃのメタボな体も飛ばされそうになりました。

春一番にしても、最近の中では過激な部類に入るのではないでしょうかの。

相場にも春の嵐ではなく、春一番が吹くとよろしいですの。


来週+αの期間は、今後を占う大切な時期になるやもしれましぇん。


いろいろな意味で微妙ではありまするが、気をつけてくだされ。

相場については、テツしゃんのコメントで多少補足しますです。



♪テツしゃん


はいっ、良かったですじゃ。

おっしゃるように確実な13800円、13900円越えがあると宜しいですの。

しかしながら、ご自身でも安心されておらんように、テツしゃんの「最悪のシナリオ」説はまだ消えたわけではごじゃりましぇん。

そもそも、たぶんテツしゃんとじじぃの予想のスパン(期間や長さ)と許容する下落に多少ズレがあるでしょうし、日々状況が刻々と変わるので予想にもそれに応じた微調整が必要だからでごじゃる。

特にじじぃの場合はどちらかというと中長期よりも分岐点から分岐点の推移を重視しておりまする。


先週くらいまでの水準もしくは状態には、じじぃもほぼ確実に戻ると楽観視しておりましたじゃが、ここから先は少し長いスパンのシナリオにも影響を与えるかもしれない(今までより)重要かつ微妙な時期だと思っておりまする。


言い換えれば、来週+αを注視する事で、もう少し何かが見えてくるかもしれましぇん。


テツしゃんは中長期で仕込まれましたですかの。

まあ、それも宜しいでしょう。

テツしゃんは銘柄発掘力も素晴らしいですし、何より相場を頻繁に見ておられるようなので、成功すればそれに越したことはないし、仮に間違ったと気づいてからの撤退でも十分に対応可能だと思いますです。


>最近は、NYに合わせてというより、NYの動きを見越した動きもある訳で、
>全く動きが読めません。。


はいっ、そうですの。

じじぃは日々の動きはある程度予想の範囲内なのですじゃが、日中の細かな動きに「あれっ?」と思うことが以前より多くなりましたです。

特に不安定な相場の場合はアジアやその他のマーケット同士がお互いの様子見をしあったり、商品市況や為替、不確定なニュースや噂までも頼りにしようとしますですの。


かなり以前も書きましたじゃが、とにかく人は不安な時ほど拠り所(理由や根拠や共通点)を求め、安心したいのが人情なのでしょう。


「自分なりの確固たる趣味や理由や根拠があって、黄色いシャツを着ているのであれば、全世界のその他の人が赤のシャツを着ていたとしても、動じない。」

リスクヘッジ可能な範囲の中で、そのような考えを貫き通す事も相場では必要な事かもしれましぇん。

テツしゃんも頑張ってくだされ。

そして、また相場予想やトレード自慢を聞かせてくだされよ〜。

posted by 黄金仙人 at 14:20| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

分岐点3と相場のキモチ2

おこんにちはでごじゃる。

ももしゃん!、ももしゃんの質問はとても大切な部分でごじゃる。

「中身がない・・・」とか愚かとか、アホっぽいとか、無駄な動きとか・・・
例え方は別として、この漠然(?)とした感覚が大切なのでごじゃる。

世の中で言えば、タクシーの運転手しゃんや主婦しゃんが漠然と感じる景況感が的外れでないように、相場も市場やその周辺環境から自分自身で感じる雰囲気はあながち間違いではないのでごじゃる。

それに加えて、テクニカルとかファンダメンタルズとか自分の得意な分野での根拠を見つけてしまえば更に確度は高くなりまする。

(どんな感触であろうがトレードしている限りは何かを感じるはずですじゃが、何も感じない場合は、素晴らしい個別銘柄に出会えているか、個別ばかりを見てそこから全体的な雰囲気を見ていないのかもしれましぇん)


また、せっかく世の中の声と違った感触を感じても、その素直な感覚を専門家やメディアの論調に歪められて(流されて)しまい、知らず知らずのうちに洗脳されている場合がありまする。

だから、じじぃは基本的に専門家の意見は聞かず、新聞も読まず、自分で知りたい時に知りたい情報だけを見て、自然な相場のキモチや声にココロ(耳?)を澄ましていたいと思っております。


2006年ライブドアショック以降、巷のムードと同様にじじぃもある時点までは相場の先行きについてかなり期待しておりましたです。

しかしながら、次の点を理由として、かなり早い段階からじじぃの中でその期待は急速に萎んでいったのでごじゃる。


1)2006〜2007年のまさしく中身がなく、本質的なエネルギーを感じない上昇や相場の感触

2)金融マーケット、景気、税制等に対する政府や企業の理解不足とその目先主義的方策(政策)

3)じじぃ自身が描く日本の5〜10年後のビジョン(予測)

4)上記2)に起因した景気の失速感(2段ロケット点火ならず)


サブプライム問題に関しては残念ながら、事の複雑さを理解しておらず、発生当時はここまでインパクトがあるとは思いましぇんでしたじゃが、その影響を目の当たりにする事で、3)については更に自信を深め、より悲観的なものになってまいりましたです。


>・アメリカの写真相場で、独自性がない。
>・大事な経済指標が出たにも関わらず、売りしかけや、買い仕掛けによって当然動くべき方向に動かない。
>・きちんとした調整や、整理が着かないまま中途半端に回復。
>・過剰な楽観や悲観によるオーバーシュート。


こんなふうにももしゃんの書いておられた事はどれもじじぃが嘆く内容の一要素としてあてはまりまする。


>大事な分岐点のはずなのに、それをキチンと受け止めた反応を示さない相場のことでしょうか?


いや、確かに市場の反応のしかたにしろ、いつもスキを狙っている先物(先物の仕掛け合いは性質(タチ)の悪い仕手筋の攻防と似ておりまする)の仕掛けや小心者、お調子者の多さにはハガユイ思いもしますじゃが、分岐点はそんな動きも何もかも全てマルゴト込みで(計算に入れて)分岐点なのだと思っておりまする。


※言い換えれば、多少何かの要因や意図に振られて、多少紆余曲折した結果、時間はかかっても、結局のところは相場のキモチの向かうところ、もしくは相場があるべきところへ向かうと思いまする。


時期はあえてかきましぇんでしたじゃが、じじぃが以前から書いているように、じじぃの中で今週の中後半からは分岐点に差し掛かっておりまする。

そういう意味で一昨日、昨日、今日の動きを見ているととても面白いですじゃ。

一昨日、昨日はそれぞれに行き過ぎな(ある意味中身がない)のでごじゃるが、今回は眉間にしわが寄るようなレベルではなく、何となくそのキモチや意味もわからないでもなく、思わず苦笑してしまう感じでごじゃるよ。


>アホなももしゃんは、数日が経過してしまうと
>その日の値動きががどんな感じだったか判らなくなってしまいます。
>大事な指標や値動き自分の予想など、書き記しておくのが良いかもしれませんね。


大丈夫でごじゃる。

きっとじじぃの方が記憶力がないですし、じじぃも1週間もたてば詳細な相場の動きなど、よほどのことが無い限り忘れてしまいますです。

これまでも、ももしゃんの方がじじぃより相場をよく記憶されていると感じた事がしばしばありまする。

記録する事は大切ですし、行った方が良いですじゃが、長く続けるのは非常に難しいですじゃ。
じじぃも様々な形態で記録を試みた事がごじゃりまするが、同じ形式で1年以上続いたのはこのブログくらいでごじゃる。

そういう意味でもトレードやトレード前の予想を行う作業の効率的かつ継続的なスタイルを確立する事がじじぃの永遠のテーマなのでごじゃる。

まあ、ここ2〜3年でその独自環境も少しシステマティックで効率的にシェープ出来てきましたじゃが、まだまだでごじゃる。


>そして、L(エル)がLであるように、のだめちゃんがのだめちゃんであるように、ミンチョル(うち>ゅくしき日々のビョンホン君の役名)は、ミンチョルなのでありました。


ビョンホンしゃんはわかりましぇんが、じじぃもそう思いまする。

ももしゃん、珍しく夜遅くにありがとしゃん。


それでは、短期的な急落や方向感のない不透明な動きは十分考えられますので、これまでよりは少し気を引き締めて、皆しゃんも頑張ってくだされ。

posted by 黄金仙人 at 12:17| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分岐点2

おこんばんはでごじゃる。

昨日、今日とふ〜んと思わせる面白い展開でごじゃるな。

昨日は更新の下書きは書いたのですじゃが、更新しましぇんでした。

今日は、ももしゃんのお便りコメント書いておったら長くなったので、本文として掲載しますです。


♪ももしゃん

お久しぶりでごじゃる。
了解しましたです。

少しだけ説明しますが、伝わるかどうか自信はありましぇん。

しかしながら、「分岐点が何時なのか、どんな取捨選択がなされるのか」というのはある意味とても難しい質問でごじゃる。

日常生活と同様に人それぞれで異なるものじゃし、複数のカテゴリーの複数のファクターを経験則や感覚的にその時々に違ったウェイト(重み付け)で判断するものだからですじゃ。


前回「分岐点」の本文で説明した通り、その判断方法と同じように分岐点自体も複数のパターンがありますです。

「分岐点」がじじぃの予想上でその後の方向性を決定づける点もしくは期間である事はご理解いただけるでごじゃろう?

分岐点における方向(「上か横か下か」)の確率(?)はその時々で異なりますです。

したがって、前後関係を無視した一番シンプルな「分岐点」の分類は・・・
(厳密にはその前後関係との兼ね合いでもっとたくさんの種類がありまするが・・・)

・上に向かいそうな「分岐点」
・横ばいになりそうな「分岐点」
・下に向かいそうな「分岐点」
・上下(横)どちらに向かってもおかしくない「分岐点」

いくつかの分岐点(厳密には分岐点の連続)を通過して、「あみだくじ」のように相場の行方が決まって行くという事ですの。


じじぃが「分岐点」について書く時は、じじぃにとって重要と思われる時に時間があればそれを記しておるだけでごじゃる。
(もちろん、「分岐点」が近づいておっても更新できなかったり、書いても更新しない事も多々ごじゃりまするが・・・ちなみに昨日も書いたのですじゃが、何となく更新はやめましたです。)


ももしゃんは「分岐点」を探したり、予想するための方法論を知りたいのかもしれましぇんが、それを書くのは本を書くごとく至難の業でごじゃるので、じじぃが何かの間違いで暇になるかセミリタイアしたらトライしてみますです。


まずは相場を出来ればリアルによく眺めてみてくだされ。
リアルが無理なら直近の結果やニュース等をみてみてくだされ。
(専門家の予想はあまり聞かない方がよろしいでしょう)

そして当たるかどうかは別として自分なりの予想してみてくだされ。

次は自分の求めるスタイル、視点(重視するファクター)を徐々に突き詰めていってみてくだされ。

(それから、じじぃが「分岐点」らしき事を書いたら、気が向いた時は少しだけ頭においてみてくだされ)


ももしゃんは以前たまにブログで相場を予想しておったから、こんな事を言わなくとも大丈夫ですの。(^.^)


それから、バレンタインのキラキラ星、ありがとしゃんです。

デスノート(夜神月の救世主キラ)にちなんでの選曲ですかの?

それとも、のだめでごじゃるか?

おかげさまで体調はまずまずでごじゃるよ。

ももしゃんも体調に気をつけて、元気にお仕事してくだされよ。

劇場でL(エル)に会える時間が出来ればよろしいですの。

posted by 黄金仙人 at 00:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

分岐点

おこんばんはでごじゃりまする。

土曜の夕方から体調を崩し、寝たきりじじぃと化しておりましたです。

「分岐点」、じじぃが相場上の表現で良く使う言葉のひとつでごじゃる。

転換点という意味もあれば、単なるチェックポイントやいくつかの意味を含めた広い意味で使用しておりまする。
もちろん、もう少し狭義のピンポイントな表現をする事が可能な場合も多々ごじゃりまするが、その必要性を感じないため便宜上使用しておりまする。

人間の日々も人生も分岐点に満ち溢れておりまするが、相場もまた同じでごじゃる。

どちらも多くの分岐点を経た結果が刻々とトレースされ続けたものを現実として目の当たりにしておるのですじゃが、たいていの場合それを偶然ではなく必然と思えてしまうのはどうしてなのでしょうの。

じじぃは感じた全ての分岐点を書いておるわけではありましぇんが、分岐点とはそういうものであり、気づかなければ普通に通り過ぎ、気づけば何かを訴えかけるものかもしれましぇん。

そして、相場の次の分岐点がまた近づいておりまする。
posted by 黄金仙人 at 23:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

3分間トレード

おこんばんはでごじゃる。

少し前の更新から、日米ともにほぼ予想通りの展開となっておりまするが、米はまずまず、日本の方はかろうじて合格ではごじゃりまするがいつも通りイマヒトツ美しくないですの。
(キモチはわからないでもごじゃりましぇんが・・・)

長くなりますので多くは語りましぇんが、次の相場の分岐点(チェックポイント)はそれほど遠くはごじゃりません。

今日は引け前で3分間にエントリーから手仕舞いまで1トレード成功しましたです。

以前デイトレの実況(?)をした頃の方がもっと秒刻みのあわただしいトレードをしておりましたじゃが、最近はトレード数も少ないので10〜30分はひっぱる事の方が多く、めずらしく短い方でごじゃりました。

ですから、3分だとハラハラする事もなく、あっという間の感じでした。

あれ〜っ、先ほどの更新の結果がおかしいので再更新してみましたです。
posted by 黄金仙人 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

乾燥とナルホド(ショートバージョン)

おこんばんはでごじゃる。

最近は疲れか月の影響で日付が変わる頃にいつのまにか寝てしまい、朝までぐっすり眠りましたです。
年初に風邪をひいたのに、また風邪の予兆が出てきたせいもたぶんありますです。

それにしても寝ていると時々信じられないくらい喉や唇がカラカラに乾燥する事がごじゃりまする。
ここまで乾燥するのは人生で初めてのことでごじゃるよ。

それから、テツしゃんのカキコミのおかげでナルホド〜と2つの事に改めて気づくことができました。

(1)じじぃのトレードや視点やポイントが皆しゃんとずれているかも?
(2)じじぃの説明不足

長くなり過ぎたので、抜粋してショートバージョンにして更新しますです。
(これでも十分長いですじゃが・・・)
もしよくわからない部分があったらご指摘くだされ。


★(1)「じじぃのトレードや視点やポイントが皆しゃんとずれているかも?」について

相場の動きや分岐点について、予想できる範囲や注意すべきポイントやその確度は日々かわりまする。

じじぃは長期的にも影響を及ぼしそうなところにも注意を払いつつ、短期的なトレードや視点をベースに相場を捉えておりますです。

そして、言い換えれば、長期は短期の積み重ねであり、短期的に足場を踏み外さなければ、長期的にもまだ望みはあるという事でごじゃる。

状況によってはその逆の視点で見ている場合もごじゃりまするが・・・

また、逆張りにせよ、順張りにせよ、「自分の見渡せる視界の範囲内で、今もしくは少し先の相場に合わせたトレードを行う」という事でごじゃる。

そして、今は少なくとも株式という形式で長期投資するつもりはありましぇん。
これは長くなりますので割愛しますじゃが、一言で言えば安定性と魅力の問題です。

ここまでの投資スタンスは皆しゃんと比べて、どのくらい一致しておるのでしょう?


★(2)「じじぃの説明不足」について

前回の予想を例に取ると・・・

>現時点でのじじぃの予想順位順ですじゃが、
>3の可能性も全くないわけではありましぇん。

>1.少し回り道(調整、下値確認)してもどす
>2.短期間でもどす
>3.あまり好ましくないシナリオ

これは「もどす」の意味が曖昧というかわかりにくいかもしれましぇん。
上記「★(1)について」を踏まえた上での短期的な視点でごじゃる。


この時点ではNYについて、どちらかと言うと楽観的に考えておりましたじゃが、G7のメッセージが個人的には中身の無いややネガティブ寄りのニュートラルに感じられましたので、ちょっと微妙になってまいりましたです。

(ただし、誰も何も期待していなかったのか、今のところNYも悪くない展開でごじゃる)

以前から書いている通り、上がったり下がったりの上下動はあっても、総体的に短期的な相場に対してはわりと楽観視しておりますです。

NYを中心に表現すると12000ドルを再度割らない可能性も低くはないし、仮にここ何ヶ月かの間に1度か2度割ったとしてもまだ望みはあると思いますです。

シナリオの良し悪しの判断についてはテツしゃんのコメントにも書いておりますです。↓


♪テツしゃん

いつも何気ないお気遣いありがとしゃんです。

し〜さんのブログをここのお気に入りリンクに追加しましたです。
し〜さんらしいエネルギッシュなページでごじゃるな。


なるほど、テツしゃんは相場の未来に対しては最悪のシナリオ派ですかの。

貴重なご意見をいただいて、嬉しいですし、楽しいですじゃ。
(↓以下、jinjinしゃんのコメントまでテツしゃん宛でごじゃる)


★シナリオの事

>僕は最悪のシナリオを想定してます…。

>アメリカが色々と対策を練ってますが、短期での反発に過ぎず、
>その反発が更に売りを浴びせ暴落…悪材料が出て暴落…
>リバ→暴落→暴落→リバ…のような気がします。


テツしゃんがおっしゃる通り、見方(視点)によっては、そうなる(そう見える)可能性は高いと思いますです。

ポジションを軽くしているという事も素晴らしい対応だと思いますです。

ただし、もう少し長いスパンでみた時、更なる下値を模索しない事、完全な下落トレンドを形成しない事が次の課題(目標)なのだと思いますです。
仮に下値を模索しはじめてもその後の形が悪くない事が最低限の目標になりますです。

また、同じ「リバ→暴落」の繰り返しでも売り買いのエネルギーのバランスとトレンドが下向きか上向きかほぼ平衡かによって、市場心理も参加スタンスも大きく変わってきます。

短期的な上昇と下落を繰り返しながらも下値を切り上げるか、下値を割り込まず、少しずつボラも縮小していく事が望ましいのだと思いますです。

そういうわけで、テツしゃんのおっしゃる事はじじぃも正しいと思いますじゃが、反発が短期的なものでその結果「リバ→暴落」を繰り返したとしても最低限の足場を踏み外さなければまだ絶望的な事ではないとも考えております。

そういうわけで、じじぃの「3.あまり好ましくないシナリオ」は相場(市場心理)や経済が完全に失速して、下落トレンドを1〜2年以上続ける(またはそのきっかけが出来る)事であり、確かにまだその可能性は否定できない状況にありますです。

しかしながら、言い換えればまだ取り返しのつく地点で踏みとどまっているのだととじじぃは考えておりますです。

以前も書いた通り、サブプライムの影響の全貌と対策が明確になり経済指標が底打ちしない限り、当面はイベントや情報を受け止める投資家心理の動きが市場を支配し、テクニカルにしろファンダメンタルズにせよ、常識や既存のモノサシや価値観はあまり役に立たないかもしれましぇん。

★米国の事

ただし、じじぃ個人はまだ今のところ米国を中心とした対応力を信じておりますです。
それは抜本的な解決策ではないにしろ、何となく事態をごまかしながら、だましだましにしろ最悪でも相場をボックス、保ち合いレベルにつなぎとめるのではないかと思うしだいでごじゃる。

ですから、一気に相場が回復する事はなく、またそうあるべきだとも思いましぇんが、相場のリズムにトレードを順応させつつ、見守ってまいりましょうです。


★テツしゃん銘柄

それから、ウェザーニュースやオンコはよろしいですの。
じじぃも好きなタイプでごじゃるが、両方ともそろそろひとつの正念場に差し掛かっておるのかもしれましぇん。

じじぃはしばらくトレードしておりましぇんが、セプティーニも悪くないでごじゃる。

どれもとてもテツしゃんらしい素晴らしい銘柄たちだと思いましたです。


いろいろ書き直しましたじゃが、結局は少し短くなっただけでよくわからん内容になりましたです。
申し訳ごじゃりましぇん。



♪jinjinしゃん

いつもいろいろお気遣いありがとしゃんです。

立春を過ぎてもまだまだ寒く例年よりも雪がちらつく日も多いですじゃが、jinjinしゃんがおっしゃるように何となく春のかすかな気配を感じる時がごじゃりまするの。

jininしゃんは啓蟄まで相場はお休みとの事。

それも良い決断かもしれましぇんの。
デイトレや超短期スイングなまだしも、ポジションを取って相場の右往左往に心身をすり減らすのももったいないですから・・・

皆しゃんの多くもきっと冬眠されておられるのでごじゃろう。

たぶん啓蟄あたりには相場も落ち着くか、良くも悪くも新しい展開を迎えている事でごじゃろう。


ところでPOKO(ポコペン)しゃんは3億の資金を動かされておるのでごじゃるか〜?
すごいですの〜?

冬眠から復活される際はテツしゃんやPOKO(ポコペン)しゃんの情報を参考にされると良いかもしれましぇんのう。


それではjinjinしゃん、皆しゃん風邪をぶり返さないように体調管理にはくれぐれもお気をつけくだされ〜。
posted by 黄金仙人 at 03:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

やはり2。。。?

おこんにちはでごじゃる。

日本の相場は運(?)が良ければなんとかなるかもしれないと思っておりましたじゃが、やはり前回までに書いた予感通りイマヒトツの方向へ傾きつつありましたです。

NYは日本よりまだマシな展開だと思っておりましたじゃが、月曜あたりからそれも微妙だと感じ始めておりましたです。

それでも、昨日のNYのように一気に大きく下げるとは思っておりましぇんでした。

大きく下げる事も時には悪くごじゃりましぇんが、理由が理由だけに多少後を引くのではないかという気もしますです。

まだ場中で全くわかりましぇんながら、当たり前ですじゃがシナリオは大きく分けて、3つ。
現時点でのじじぃの予想順位順ですじゃが、3の可能性も全くないわけではありましぇん。

1.少し回り道(調整、下値確認)してもどす
2.短期間でもどす
3.あまり好ましくないシナリオ

現在、これがこれまで書いた第2段階の結論で第3段階に入ったのか、第2段階が継続中なのか、よくわかりましぇん。

今日の終わり方にもよりまするが、少なくとも2〜3日、遅くとも来週中には方向性がある程度見えてくるのではないでしょうかの。


♪ももしゃん

残尿感は言い換えれば「何か変だな〜」「何かしっくり来ないな〜」という疑問、イヤな予感みたいなものですじゃ。

もちろん思い過ごし(というか現実化するのに時間がかかる)の場合もあるのですじゃが、概ね凶兆の事の方が多いかもしれましぇん。

まして、じじぃ的には「残尿感」時点では疑問をいだきながらもまずまず、次の月曜夜の「やはり・・・」ではそうでない事を祈りつつも既にネガティブなイメージに傾きつつありまする。

月曜の時点で近いうち何らかの調整、下落、軟調さの覚悟をある程度しておりましたじゃが、それが現実化したとしても理由も下げ幅ももう少し緩やかなものを漠然とイメージしておりましたです。

そういう意味では既に短期的には残尿感の解消というレベルではないのかもしれましぇん。

本文でも書いた通り、見極めにはもう少し時間が必要でごじゃるよ。

追伸

最近相場について書きすぎたので前回の更新を機にしばらく相場のコメントもしくは更新を控えようと思っていたのですじゃが、ももしゃんのカキコミがありましたので自然と更新してしまいましたです。

「やはり・・・」で多くを語らなかったのはそういう伏線もありますです。

しかしながら、シンプルで素朴なカキコミは嬉しく、今回それを読んだ自然なキモチと行動の流れで更新しただけなので、気にしないでくだされよ。
(単なる相場の事はしばらく極力控えていくかも?しれましぇんよ、というついでの説明なのでごじゃる)
posted by 黄金仙人 at 11:23| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

やはり・・・

おこんばんはでごじゃる。

本日の相場は先週末のNYの結果から、ほぼ予想された通りでしたの。

決算やヤフーの材料が加わり、13859.70(+362.54)円と上昇したにせよ、今日の相場に限ればじじぃ的な評価はイマヒトツでごじゃる。

さすがに個別物色、個別展開の色彩が徐々に出始めてきている事だけが救いですの。

まだ何とも言えましぇんが、悪い癖が出はじめているというか・・・、今後の展開に期待したいものでごじゃるの。
posted by 黄金仙人 at 00:19| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

残尿感

おこんばんはでごじゃる。
今日の修行も一区切りしましたので、気分転換に・・・

「残尿感」?、お下品で申し訳ごじゃりましぇんが、じじぃ自身の事ではありましぇん。

前回更新した後の1/30夜〜2/1の相場はいろいろな意味で「あれっ!?」と思わせる展開でごじゃった。

それでNYや日本の相場を見て、1/31に感じた印象のイメージが「残尿感」だったのでごじゃる。

それと前回書いた第二の分岐点は2/1(金)の夜〜2/4までは続くと言う事を当日書こうと思いましたじゃが、やめました。
もちろん、2/4でもう安心というわけでもなく、前々々回「ダイジェスト」で書いたとおり、まだまだ予断を許さない状況は続きますです。

まあ、個人的にはちょっとした疑問は残りまするが、とりあえずここまでは悪くない感じでごじゃる。
NYの方がじじぃの予測に近く、予想を大きく外れているわけではごじゃらんが日本の方がやや疑問と不思議さを醸しておる状況でごじゃるな。

当面は度を過ぎた急落や乱高下がなるべく減って、今の感じで調整を挟みながらじわじわ回復していくのがじじぃの希望でごじゃるよ。

決して早く回復して欲しいとは思いましぇん。


♪jinjinしゃん

PCが直って良かったのでごじゃる。
しかしながら、PCもjinjinしゃんに目を休めてもらいたかったのでごじゃろう。

相場や世の中のお話を書いてくださってありがとしゃんなのです。

じじぃは相場や世の中についてはいつもわけのわからない話を独り言のようにつぶやいている感じがしているので、人の話を聞けると言う事はとても嬉しい事なのでごじゃる。
(専門家の話はあまり聞きたくもありましぇんし、聞かないようにもしておりますが・・・)

jinjinしゃんがお書きになった松藤しゃんのお話はじじぃもいつかどこかのTVでたまたま見ましたですよ。

じじぃにはよくわかりましぇんが、確かにドルや株式が弱い状況で今後も金は強いのかもしれましぇんの。
また、先物系の商品は金と同様かそれ以上の長期トレンドを作るかもしれましぇん。

これはじじぃがずっと書こうと思っていて、未だ書けていない事にも関連しておりまする。

政治家に関してもおっしゃる通りかもしれましぇん。
しがらみも組織も構造も複雑な日本(世界)で全てを求めるのは無理でしょう。
しかしながら、せめて志と気概だけは忘れて欲しくないものですの。

出来れば裁判員制度ならぬ、国策判定員を国民の中から選らんで、間接的な民主主義ではなく直接的かつ無償の民主主義参加を実現して欲しいものです。
出来ればWebでの参加という事で・・・

寒くなりましたですじゃが、芋ケンピを食べ、芋ケンピの故郷(?)にいるし〜さんを思い浮かべ、元気になりましょうです。


♪ごんしゃん

背中の痛みは苦しいものでごじゃるの。
それに背中が痛いから外科的な症状かと思っておると、意外に内臓に起因していたりする事もごじゃりまする。

じじぃも胃や内臓に持病の不調を感じ始めると、背中や肋骨に腫れというかコリというかシコリみたいなものを感じるのでごじゃるよ。

そういうわけで、くれぐれも気をつけてくだされよ。
長引くようですと医者を変えてみると、意外に単純明快な原因診断が出ることがありますので、ためしてみてくだされ。

ごんしゃんのおっしゃる通り、西洋医学と東洋医学の良いところを取り入れるのも宜しいですの。

いずれにせよ、早く治ると宜しいですの。

「ごめんちゃい」は確かに多少ごんしゃんのコメントを多少意識してはおりまするが、気にしないでくだされ。

ごんしゃんのコメントの雰囲気から、それほど危機的な状況ではないのだろうと思っておりましたし、下げる事を希望すると書いた時からひっかかって(思って)おった事をタイミングやきっかけが重なり、ただ文字にしただけでごじゃる。

むしろ、「下げたら困ります〜」的なシンプルで率直なキモチを書いてもらった方がうれしいのでごじゃる。

それにしてもその日の高値で売れて良かった、良かった。


♪ももしゃん

もちろん、「DEATH NOTE」は知っておりまするよ。
原作は読んでおりましぇんが、アニメを少し、映画版は全て観ておりまする。

そして、じじぃもももしゃんと同様にL(エル)は最初見たときから、魅了されましたです。
ももしゃんのおっしゃる「魅力的で、耽美的オタク美(??)」に加えて、時折見せる可愛さや優しさや無邪気さのギャップも宜しいですの。

松山ケンイチはそれまでも何かで目にした事がごじゃりました(たぶん?)がL(エル)で初めて興味を持ちましたです。(ですから、以前ご紹介した彼出演のドラマも見たのでごじゃるよ)

普段の松山ケンイチとL(エル)とは結構ギャップがごじゃりまするが、L(エル)は一番のはまり役でごじゃるな。
はやりのスピンオフ版「L change the WorLd」が製作されるのも納得でごじゃる。

実はこれも何度か紹介した戸田恵梨香しゃん(弥海砂:あまねミサ役)をじじぃが発掘したのも「DEATH NOTE」なのでごじゃる。
弥海砂のひた向きさと強さが素晴らしいのでごじゃるよ。

お二人とも頑張って欲しいものですの。


2●●2は滅多にトレードしないので、特別にお教えしましょうです。
DeNAでごじゃるよ。

じじぃのあいまいな記憶では相場全体と同様かそれ以上に(の曲線で)売られておったのですじゃが、じじぃが観察しはじめた時(14時半前後)、相場同様に少し盛り返しそうじゃったのでエントリーしましたです。
(その他はイマヒトツ参加可能なのが目に入らなかったので・・・)

思ったより頭打ちでしたじゃが、たぶん最小売買単位でも15〜30分で1〜2万は利益が上げられたと思いまするよ。

DeNAは60〜70万くらいでしたじゃったので、確かに安くはごじゃらんです。。

じじぃも単価(最小売買資金)が10〜30万程度のものが好きなのでごじゃるが、ここ1年くらいは100〜700万くらい(以前は500万以下でしたじゃが、昨年自然に更新しました)のデイトレが主流なので金銭感覚が鈍っており、100万以下が安いという目安なのでごじゃる。

ももしゃんのおっしゃるSとは何なのでごじゃろう?(気になる・・・)

じじぃも以前は300銘柄以上を監視しておりましたじゃが、今はごく少ない限られた範囲を入れ替えながら監視しておりますです。

それから、紫芋の芋ケンピも宜しいですの。
紫芋のチップスもよろしいでじゃが・・・

芋ケンピを食べて、お互い元気に頑張りましょうですよ。
でも、ももしゃんは既に頑張り過ぎですから、お仕事は少し抑えてくだされよ〜。

やりがいがあるという事はとても素晴らしい事でごじゃるの。
posted by 黄金仙人 at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。